見る者の心の中を揺さぶる、 世界第一級の仕事だった。


作家のジョン・グエア氏が来日。凄く喜んでくれてます!

「亜門氏は作品のもっている精神をすべて見事に具現化してくれた。
オープニングシーンは本当に素晴らしく、あらゆるミュージカルの演出
としても優れている。Braking the Fourth Wall(第4の壁を破る)、
いや、それどころか心の壁を破る、Breaking the FIFTH Wallだった。
このオープニングを初めて見たとき、涙があふれ出したよ。亜門氏の演
出は活力とスピリット、そして喜びに溢れ、見る者の心の中を揺さぶる、
世界第一級の仕事だった。この作品を初演当時は、政治的争いの時代
で、賛戦、反戦の対立が大きな問題だった。現在はそれよりも、持てる
者、持たざる者という経済格差の時代になった。そして経済的に裕福で
あることは心も豊かであるとは限らず、その逆の人もいる。亜門氏のア
プローチは、それらすべての人々を勇気づけることだろう。」

Mr. Guare had flown from New York to celebrate this Trans-Pacific 
collaboration. Mr. Guare said:
“Amon embodied the spirit of this work precisely and completely. 
The opening scene was so marvelous that it was a work of 
outstanding direction for any musical. It was like breaking 
the fourth wall; moreover, breaking the FIFTH wall, which 
breaks a wall in your mind. I burst into tears when I first saw
 this opening. Amon’s direction is full of vigor, spirit and joy 
and is the work of a first-class director in the world, which 
shakes the audience’s heart to its core. When this musical 
was first presented, it was the era of political differences and 
one of the issues was the conflict between pro-war and 
anti-war factions. Now it has become the era of the economic 
gap between the haves and have nots. And being financially 
rich doesn’t necessarily mean you have a rich soul and 
vice versa. Amon’s approach would encourage them all.”


“TWO GENTLEMEN OF VERONA” OPENS IN TOKYO
Two Gentlemen of Verona continues its run at Nissay Theatre in Tokyo until December 28, 2014 and then tours to Fukuoka, Aichi and Osaka.
ADAPTED BY JOHN GUARE (THE HOUSE OF BLUE LEAVES, 
SIX DEGREES OF SEPARATION) AND MEL SHAPIRO
MUSIC BY GALT MACDERMOT (HAIR)
DIRECTED BY AMON MIYAMOTO (PACIFIC OVERTURES)
PRODUCED BY TOHO CO., LTD.

中島啓江さん訃報を受けて、所属事務所より宮本亜門のコメント



信じられません。あれほど大らかに愛情深く、歌に、仕事に打ち込んでいた彼女ともう会えないなんて。
僕は彼女のお陰で演出家になれました。僕が人生で初めて演出した舞台に出てほしくて、中島に出演をお願いしたんです。ごめんなさい、呼び捨てで。でもいつも彼女とハグをして励まし合って27年間、共にショービジネスで生きて来た仲なので。

 東北の被災地の人たちに歌を届けたいと僕が言った時も、間髪入れずに行こうと言ってくれました。中島はお母様を心底愛していて、亡くなったお母様の話となると、いつも大粒の涙を流していました。だから、きっと今頃は天国で
大好きなお母様に、大好きな歌を歌っていることでしょう。お母様も喜んで感動しておられるはずです。

 最高だったよ中島!ブラボー!!
オペラ、ミュージカルとジャンルを越え、ユーモア一杯に、時にはしみじみと多くの人たちに沢山の感動を与えてくれました。
今生で出会えたこと、心から感謝しています。お母様と一緒に、どうか下界のショービジネスで一生懸命生きている僕らを見守ってください。

でも、やっぱり中島の愛情に満ちた「アイ•ガット•マーマン」を
もう一度見たいよ。どうしたらいいんだろう、この寂しさはとてつもないです。

宮本亜門

宮本亜門です。2ヶ月ちょっとで、ラクに6kg痩せました。

 2ヶ月ちょっとで、ラクに6kg痩せました。


(写真は9月の人間ドッグに行く前日。海のベッドでぷかぷか浮いてます)

2ヶ月半前の人間ドッグで、脂質代謝が要治療、
糖代謝もあまり良い結果ではありませんでした。。
そこで始めたのは、、、

「糖質制限+低カロリー」Wダイエット。

夜遅くても必ず一膳は食べていた愛するご飯。
1日一食は食べていたスパゲティやうどん、おそば。それだけではなく、高カロリーな唐揚げ、スイーツ、ほとんど食べずでした。ビートと30分以上の散歩も毎日かかさず。。

そして、先週の再検査で数値にこんな変化が!

体重:71.4kg→65.2kg
中性脂肪:213→68
総コレステロール:283→219
悪玉コレステロール:207→143
善玉コレステロール:46→59
血糖:99→89

階段や坂を歩くのが辛く、足の裏も痛んでいた夏のころとは違って、スムーズに息切れ無く歩けます。
そして、ズボンがのサイズがゆるゆるに(笑。
何より、仕事のことばかり考えて食事をかっくらってあまり味わっていなかったのが、最近は食材の味を意識して食べるようになりました。

これから年末に向けて、少しずつ糖質制限も続けてみますが、バランスの良い食生活をキープしていきます。
健康第一!みなさんも食欲の秋から年末の忘年会まで美味しい続きですが、体調管理も気をつけましょう!素晴らしい月曜日となりますように!

亜門よりコメントが届きました

昨日の興奮が冷めやらぬまま、書いています。
AKBプロジェクトメンバー186人のオーディションをさせてもらい、
想像を越える感動をもらいました。

まだAKBのメンバーの名も知らない僕は
「しのぎを削り競争をして自分を高め、才能がある人が必ずいるはず」
と秋元氏に電話でオファーし、主役のオーディションをさせてもらったのですが、
そこには必死に自分と戦う10代20代の素晴らしい女性たちが存在していたのです。

競争することは、厳しく、傷つき、苦しい事でもあります。
それでもあきらめず、夢に向かい、自分の限界を乗り越え、自分の生きている証と向かい合う。
それは第一次オーディションを受けた皆からからひしひしと感じました。

もちろん中には努力より有名になるチャンスを待っているだけの人がいたのも事実です。
だけどほとんどのメンバーは、誠心誠意、自分が望む自分になりたいと挑戦し続けていました。
だから僕もできる限り必死に、伝えて、共に悩み、笑い、謳歌してきたつもりです。

僕は18歳の引きこもりの時、演出家になる決意をし、21歳の時、その勉強のため出演した
舞台の初日の前夜、母を脳溢血でなくしました。
10代、20代、正直辛くてしょうがなかった。
でも、その時期があったら人生が面白くなって来たのです。
でも今、不安がないかと言ったら嘘になります。
むしろ安心がないと面白くないと思えるぐらいに経験でわかってきただけです。
それは辛い挑戦したぶんだけ、自分が想像もしてこなかった壮大な感動を与えてくれからです。
なりたい自分にさせてくれ、生きている事がこんなに素晴らしいと知ることができるからです。

特に最終まで残った6人に僕は心から「ありがとう!」と言いたい。
あなたたちの諦めない頑張り、そしてあなたたちの歌や踊りへの愛情は、本物です。
不覚にもオーディション中に涙ぐんだのもそれが理由です。

また最終審査の収録会場で、肌で感じたのですが、ファンたちの本当に温かい心からの応援が
どれほど素晴らしいかということも知りました。
それを彼女たちが挑戦し続けられる理由でもあると思いました。
だからこそ、AKBメンバーの思いを背負った増田有華さんをみんなで支えて応援して欲しい。
これから僕は、一人を選んだ責務を存分に喜びに変え「ウィズ〜オズの魔法使い〜」を
作っていきます。

また、みんなに会える事、そして梅田彩佳さんら、挑戦してくれた素晴らしいメンバーと一緒に
クリエートできることを、心から願っています。

本当に素晴らしい体験、感動をありがとう。感謝。


                                      宮本亜門



........................................................................................................................................
[今秋ミュージカル]     [今秋オペラ]
  


| 1/1PAGES |

calendar

S M T W T F S
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
<< September 2017 >>

ホリプロ スポーツ文化部所属

logo.gif


公式サイト
宮本亜門 ブログ website

亜門古事記関連はコチラ
宮本亜門 ブログ 古事記

すべてのペットが幸せになれる東京に
banner_234_60_02.png


著書

宮本亜門 ブログ 引きだす力
引きだす力
ー奉仕型リーダーが才能を伸ばす
NHK出版 宮本亜門(著)
→Kindle版

DVD

金閣寺
-The Temple of the Golden Pavilion-
avex trax

profile

selected entries

categories

archives

links

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM