新作歌舞伎「日本むかし話」宮本亜門 x 市川海老蔵 第3弾

宮本亜門

 

宮本亜門と市川海老蔵がタッグを組んでお届けする

「日本むかし話」シリーズ完結編。

 

 

2013年、2015年のABKAI(市川海老蔵自主公演)に続く

今回は、浦島太郎、桃太郎、花咲か爺さん、

一寸法師、かぐや姫が総登場します!

 

宮本亜門

 

 

新橋演舞場 初春歌舞伎公演 Bプロ

新作歌舞伎「日本むかし話」

 

【 公演日程 】

2018年1月3日〜25日

 

【 スタッフ 】

脚本:宮沢 章夫

演出:宮本 亜門

 

【 出演者 】

市川海老蔵  市川右團次  中村獅童 ほか

 

 

【 公演詳細 】

チケット情報などの詳細は「歌舞伎美人」をご覧ください。

home www.kabuki-bito.jp/theaters/shinbashi/play/555

 

 

宮本亜門

 

【関連記事】

12月23日に、公開稽古と会見が行われ、

市川海老蔵、中村獅童、市川右團次、

そして宮本亜門が登壇しました。

 

  • 市川海老蔵、長女麗禾ちゃん稽古は「急がず慌てず」(日刊スポーツ
  • 海老蔵 “かぐや姫”麗禾ちゃんの稽古に苦心「嫌われたら大変」(スポニチ
  • 獅童、息子の名は「陽喜」 海老蔵がパパ指南「舞台中は一緒に寝るな」(スポニチ
  • 海老蔵、宙乗り初挑戦に不安がる獅童に「痛くてこわいっすよ!」恐怖心あおる(スポーツ報知
  • 海老蔵、パパ激似の男児誕生した獅童に“夜泣き対処法”のイクメンアドバイス(スポーツ報知
  • 獅童、今月誕生男児の名前は「陽喜」…父親と母親の名前から一字ずつ(スポーツ報知
  • 中村獅童、第1子男児は「陽喜」と命名「おおらかに明るく育ってほしい」(サンスポ
  • 中村獅童、男児の名前は“陽喜”「父と母から一文字ずつもらいました」(オリコンニュース

BS TBS「Time is Life 〜トキメキの時〜」宮本亜門ゲスト(1/2〜)

2018年1月2日〜 5週連続(1月2日、9日、16日、23日、30日 )

よる8時54分〜8時59分

BS TBS「Time is Life 〜トキメキの時〜」

 

 

テリー伊藤が毎月ひとりのゲストを迎え、時間をテーマに

ゲストのターニングポイントや生き様を掘り下げる番組。

 

2018年1月のゲストは、宮本亜門。

30年に渡って歩んできた演出家人生を振り返ると共に、

未来に向けた熱い想いを語る。

 

家 www.bs-tbs.co.jp/entertainment/ENT1200900/

 


BS日テレ特番「中国美酒遺産 〜マオタイの故郷を訪ねる〜」宮本亜門が中国少数民族の村へ(2018年元旦)

2018年1月1日(月) 14:00〜14:55 BS日テレ

「中国美酒遺産 〜マオタイの故郷を訪ねる〜」

www.bs4.jp/guide/document/bisyuisan/

 

 

宮本亜門が日本の伝統芸のルーツを訪ねて中国・貴州へ。
絶景に暮らす少数民族の歌舞に感嘆!!

古書に記された貴州一帯の歴史ロマン。
辿れば、山間に突然、光り輝く桃源郷。
連綿と守り受け継がれてきた職人の技が光る

中国の至宝の酒、マオタイ酒に秘められた

日中友好の絆を、1枚の写真が物語る。

 

 


宮本亜門版 モーツァルト歌劇「魔笛」 再演が決定

2013年、オーストリア・リンツ州立劇場での世界初演で

4万人を動員した、宮本亜門版 オペラ「魔笛」。

2015年の日本初演以来、初の再演が決まりました。

 

主人公がTVゲームの世界へ迷い込んでいく斬新な設定や、

全シーンをプロジェクションマッピングで魅せる

最新の演出が話題を呼んだ、モーツァルトの名作の

人気プロダクション。この機会にぜひご覧ください。

 

 

モーツァルト作曲

オペラ「魔笛」

 

全2幕・ドイツ語上演・日本語字幕付

 

【 公演日程 】

2018年3月11日(日)14時開演

よこすか芸術劇場

 

2018年3月18日(日)14時開演

相模女子大学グリーンホール・大ホール

 

【 指揮 】

川瀬賢太郎

 

【 クリエイティブ・スタッフ 】

演出:宮本亜門

美術:ボリス・クドゥルチカ 

衣裳:太田雅公

照明:マルク・ハインツ

映像:バルテック・マシアス 

 

【 出演 】

ザラストロ:大塚博章 タミーノ:鈴木准 弁者: 鹿野由之

僧侶機北川辰彦 僧侶供Х原剛 

夜の女王:安田麻佑子 パミーナ:幸田浩子 

侍女機北原瑠美 侍女供О訝枠樹 侍女掘Ю舒耆

パパゲーナ:九嶋香奈枝 パパゲーノ:萩原潤 

モノスタトス: 高橋淳 武士機ШH滋 武士供Р弾9隆

 

【 合唱 】

二期会合唱団

 

【 管弦楽 】

神奈川フィルハーモニー管弦楽団

 

【公演詳細】

チケット情報などの詳細は、以下ウェブサイトをご参照ください。

home www.kanagawa-kenminhall.com/detail?id=35171


「朝日VRアワード」応募締切間近!宮本亜門が審査員を務めます

VR元年と呼ばれた2016年以降、ますます身近になってきた

「バーチャルリアリティー(VR、仮想現実)」。

今年、国内の全国紙に先駆けてVRによる報道を始めた朝日新聞社が、

「朝日VRアワード」を開催することになりました。

 

審査員を務めるのは、国内外で様々なVRを体験してきた宮本亜門。

身近なワンシーンを切り取った作品をお待ちしています!

 

 

新聞 関連記事

没入できる面白さ、「VR」の魅力 演出家・宮本亜門さん

(Asahi Shimbun Digital [and])

 

 

 

■ 募集期間: 2017年9月29日〜12月25日

■ 審査発表: 2018年1月(予定)

        朝日新聞デジタルNewsVRで発表、公開

■ 審査員: 宮本亜門

■ 応募部門: ペット・人・自然

■ 賞金: 大賞 10万円、各部門賞 5万円

      その他副賞、協賛社賞あり

 

□ 主催: 朝日新聞メディアラボ

□ 協賛: 株式会社アルファコード

□ 協力: 株式会社リコー

□ 協賛: 一般社団法人 VRコンソーシアム
 

 

応募方法等の詳細はこちらから↓↓

www.asahi.com/shimbun/medialab/vraward/


[動画] NHK WORLD:東京2020「文化オリンピアードナイト」

NHK WORLD(全世界英語放送)「NEWSROOM TOKYO」の

2020年東京パラリンピックに向けたパラスポーツ特集で、

先日の「文化オリンピアードナイト」が取り上げられました。

 

MIYAVIさん、大前光市さんとの熱の込もったリハーサルや、

ゆずのパフォーマンスの様子など、貴重な映像が満載!

 

NHK WORLDウェブサイトの動画は期間限定公開です。

 

(↓リンク先の動画、6:10〜が「文化オリンピアード」の特集です。)

ビデオ Making para-sports fun for everyone

    - NEWSROOM TOKYO -NHK WORLD

 

 

 

 

 


東京2020に向けて文化オリンピアードナイトを開催しました!

11月26日、東京駅前の特設野外ステージにて、東京2020参画プログラム

「文化オリンピアードナイト」が開催されました。

 

亜門が企画・構成を担当した「Tokyo 2020 All Japan Concert」では、

様々なジャンルで活躍するアーティストや、子供達が、オーケストラに乗せて

一夜限りのスペシャルコラボパフォーマンスを披露したほか、

サプライズゲストとしてゆずが登場!

アテネ五輪のNHK中継テーマ曲でもあった「栄光の架橋」と、

「ワンダフルワールド」を披露し、感動のフィナーレとなりました。

 

また、トークセッション「Tokyo 2020 Dialogue」では、

亜門がモデレーターを務め、市川海老蔵さん、澤邊芳明さん、

草刈民代さんと、日本の文化について語りました。

 

 

ビデオ 文化オリンピアードナイトに海老蔵さんら(日テレNEWS24)

 

 

《関連記事》


東京五輪“1000日前” 海老蔵さんら日本文化発信を(テレ朝news

 

海老蔵、子どもたちへ伝えたい思いを熱弁(テレ朝news


ゆず、サプライズで「栄光の架橋」(Asahi Shimbun Digital [and]

東京駅前で五輪コンサート 東日本大震災などの被災地「音楽でつなぐ」(産経ニュース

海老蔵 五輪に“日本の誇り”を主張「規則正しい細やかさを、おもてなしの土台に」(デイリースポーツ

海老蔵 “日本の誇り”おもてなしの土台に 五輪に向けトークショー(デイリースポーツ

市川海老蔵が力説 日本人は「細やかさを土台にしていければ」(SANSPO.COM

市川海老蔵、日本人は「自分たちの良さが見えていないことがある」(SANSPO.COM

 

東京駅前で五輪コンサート 海老蔵さん「文化発信の機会に」(47NEWS

海老蔵さん「細やかさ土台に」=20年東京へ日本文化を発信(時事ドットコムニュース

「文化オリンピアードナイト」を開催(時事ドットコムニュース

ゆず、サプライズで「栄光の架橋」熱唱 東京五輪へ「音楽と芸術で盛り上げたい」(ORICON NEWS

音楽で五輪盛り上げへ、ゆず・北川 涙の熱唱 MIYAVIらも熱く 文化オリンピアードナイト開催(ミュージックヴォイス

ゆず、MIYAVIが東京五輪イベントで演奏、2020年へ向けて音楽で盛り上げる(音楽ナタリー

東京駅前で五輪コンサート 東日本大震災などの被災地「音楽でつなぐ」(イザ!

 

MIYAVI丸の内の行幸通りで「炎のランナー」のアツいパフォーマンス!「東京2020参画プログラム 文化オリンピアードナイト」にゆずらも登場(EdgeLine


BS朝日「NIPPONダンディズム 〜名宰相・吉田茂 人生の貫禄〜」(10/29)

2017年10月29日(日)13:00〜13:30

BS朝日「NIPPONダンディズム 〜名宰相・吉田茂 人生の貫禄〜」

 

 

宮本亜門が昭和を駆け抜けた粋な傑物たちの

“ダンディズム《男たちの美学》”に迫るトーク番組。

 

彼らにとってダンディズムとは、外見的な美学を超越し

人生の在り方に対する哲学でもあった。

縁の品をめぐりながら傑物の“生き様”に触れる旅へ出かけよう。

 

今回取り上げるのは「和製チャーチル」などの異名を持ち、

日本の復興を牽引した名宰相・吉田茂。

戦後唯一の国葬を行い、今尚愛される吉田茂のダンディズムとは?

 

 

出演:宮本亜門(演出家)、北康利(作家)

番組ウェブサイト:www.bs-asahi.co.jp/nippon_dandyism


朗読劇「画狂人 北斎」凱旋公演(2017年9月)

2017年7月、ロンドン・大英博物館にて、

朗読劇「画狂人 北斎(Fanatic Artist Hokusai)」

(英語・日本語混合上演、英語字幕あり)が上演されました。

 

葛飾北斎の晩年の生き様や、絵に込めた思いに迫る同作品。

大英博物館での完全招待制公演では、北斎作品を基に制作された

巨大プロジェクションが空間を包み込み、

美術関係者を中心とする観客の皆様から好評をいただきました。

 

(↑大英博物館グレート・コートにて)

 

そして今秋、北斎生誕の地、東京・墨田で、凱旋公演が行われます!

今後の舞台化に向けて動き出す本プロジェクトに、ぜひご期待ください。

 

(↑大英博物館グレート・コートにて)

 

 

◆◇◆ 朗読劇「画狂人 北斎」凱旋公演 概要 ◆◇◆

 

日時:9月17日(日)17時半、18日(月・祝)11時&15時

会場:墨田区・曳舟文化センター

 

演出:宮本亜門

脚本:池谷雅夫・宮本亜門

 

キャスト:

志賀廣太郎(葛飾北斎)・中嶋朋子(お栄)・池内万作(柳亭種彦・馬場洋平)

菊地創(長谷川南斗)・秋月三佳(峰岸凛)・松崎颯(情況説明)

 

あらすじ:

物語は博物館の講演会場から始まる。

北斎研究家・長谷川南斗が語る北斎への考えに、

画家を目指しながら彼の研究を手伝う助手・峰岸凛は違和感を持つ。

一方、舞台は江戸時代へ。

天保の大飢饉や出版統制など厳しい状況の中、

絵を描き続ける晩年の葛飾北斎と、

悪態をつきながらも彼を支える娘・お栄。

しかし親友である戯作者・柳亭種彦が幕府によって捉えられ、

追い詰められた北斎は小布施へと居を移す。

北斎の真実を追い求める現代のふたりの姿と、

激動の時代に身を置く晩年の北斎の姿が交互に

舞台上に立ち現われ、やがてクロスオーバーしてゆく。

そして彼らが最後にたどり着いたのは・・・。


フランスにて宮本亜門演出オペラ「金閣寺」上演決定!(2018年3月)

2018年3月より、フランス国立ラン歌劇場にて、

三島由紀夫原作、黛敏郎作曲、そして宮本亜門演出の

オペラ「金閣寺 (Le Pavillon d'or)」の上演が決定しました!

 


(↑フランス国立ラン歌劇場ウェブサイトより)

 

同公演はフランス国立ラン歌劇場と東京二期会の共同制作で、

フランス国内2カ所の劇場でのプレミエの後、

2019年2月には東京公演も予定されています。

 

亜門にとっては、オーストリア・リンツ州立劇場の

新劇場杮落とし、また2013/14シーズン開幕公演として

モーツァルト作曲「魔笛」で約4万人を動員して以来の、

ヨーロッパでのオペラ演出になります。

 

日本外国特派員協会で行われた会見の動画は、

宮本亜門オフィシャルFacebookよりご覧ください。

 

 

【フランス公演概要】

 

『金閣寺』 

オペラ全3幕、ドイツ語原語上演


原作:三島由紀夫

台本:クラウス・H・ヘンネベルク

作曲:黛敏郎

 

演出:宮本亜門

指揮:ポール・ダニエル

管弦楽:ストラスブール・フィルハーモニー管弦楽団

 

日程:

フランス国立ラン歌劇場・ストラスブール

2018年3月21日、24日、27日、29日、4月3日

 

フランス国立ラン歌劇場・ミュルーズ

2018年4月13日、15日

 

 

【関連記事】

 

  • 宮本亜門氏 日仏共同制作オペラに「お経と日本の伝統美を織り込んだ」 (東スポ
  • ‪宮本亜門、演出家30周年を迎え「ますますオペラの魅力にはまっている」(サンスポ
  • 宮本亜門の新演出オペラ『金閣寺』、日仏で上演へ…東京二期会が初の日仏共同制作。日本人歌手も両バージョンに出演(SPICE
  • 宮本亜門が手がけるオペラ「金閣寺」2018年フランスで上演(ナタリー
  • 宮本亜門が日仏共同制作オペラ《金閣寺》を演出(チケットぴあ

| 1/35PAGES | >>

calendar

S M T W T F S
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
<< June 2018 >>

ホリプロ スポーツ文化部所属

logo.gif


公式サイト
宮本亜門 ブログ website

亜門古事記関連はコチラ
宮本亜門 ブログ 古事記

すべてのペットが幸せになれる東京に
banner_234_60_02.png


著書

宮本亜門 ブログ 引きだす力
引きだす力
ー奉仕型リーダーが才能を伸ばす
NHK出版 宮本亜門(著)
→Kindle版

DVD

金閣寺
-The Temple of the Golden Pavilion-
avex trax

profile

selected entries

categories

archives

links

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM